男性のように女性が飲める薄毛に効く内服薬はあるんですか?

育毛剤というと頭皮に塗布するものを思い浮かべるかたが多いでしょうが、服用することで内側からアプローチをする薬もあります。

女性の薄毛を改善させるために服用できるものも増えてきました。育毛剤というのは成分によって用途も効果も、そして心配される副作用の表れかたにも違いがあります。

内服薬も安全に摂取できるように、頭皮の変化や体調をよく見て摂取していきましょう。

こちらを気にしながら頭皮のマッサージを行う男性

男女ともに使用できるミノキシジルタブレット

男性だけではなく女性も利用できるミノキシジルタブレットは、国内の病院で処方しているところは数少ないのですが、個人輸入で通販することが可能です。

血管を拡張する作用がありますので、頭皮の血行を促進し抹消血管まで血流をよくしてくれます。取り入れた栄養を行き渡らせやすくするため、育毛効果のある栄養素を摂取した後に効率よく頭皮に作用させることが可能です。

副作用としては毛髪以外の体毛が濃くなったり、血管拡張作用により動悸などを感じることがあります。

女性用内服薬パンドガール

パンドガールは病院で処方される内服薬で、1か月分で15000円弱かかります。個人輸入だと10000円弱で入手が可能です。毛髪が育つのに必要となる栄養を補給する作用があり、他の育毛剤との併用もできる薬です。

目立った副作用も報告されていませんので、安心して長期服用をすることができます。ただし、劇的に毛髪に変化が出ることはなく「何となく髪にハリやコシが出た」「髪の太さが健康的になった」という報告が多く見られます。

たんぱく質やアミノ酸など、髪の毛を作るのに必要が栄養素が配合されていますので、血行を促進して充分に栄養が行き届く状態にしなければ、効率よく作用しにくい薬です。

また、フィナステリドやデュタステリドなどの成人男性用の育毛剤は女性が触れてはいけません。誤って摂取してしまわないように気をつけてください。

内服薬の他にも、薬のように強い効果を得ることは難しくなりますが、毛髪を育てるのに効果的な栄養素が含まれたサプリメントを摂取するのもおすすめします。

食品ですから副作用の心配がありませんし、安価で継続的な摂取ができるでしょう。外側からだけではなく内側から身体に働きかけて、薄毛を撃退していってください。

女性でも内側から働きかける育毛剤で薄毛対策が可能です